~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
ふたつの「絆」の物語。
きずな

気がつけば早くも「師走」12月。
特別な一年だった2011年も、もう後ひと月なんですね・・・

楓村通信も
先月は「怒涛のSLネタ」が続いてしまいましたので、
たまには別なことをお話ししたいと思います (汗)

ということで、本年楓ちゃんが関わり出版された
全国版の本 (震災関連ですが)のご紹介をふたつ。

まずは、
「Standard 震災特別版~絆」デジスタ刊 2011.8.29

東日本大震災の直後から取材を開始し、
被災した高校生アスリートたちの約3ヶ月間を追った
ドキュメント。その13の「絆」の物語。

「ビジュアル本」ですので、楓ちゃんのドキュメンタル写真も
いっぱい載ってます !

もう一冊は、
「海と、がれきと、ボールと、絆。」スタンダード編集部編 
講談社刊 2011.11.15


こちらは、前出本の好評を受け
「読み物」として天下(?)の講談社さんから単行本として出た
さらにその後8ヶ月までを追った8つの「絆」の物語。

カットとして楓ちゃん撮のモノクロ写真も多数掲載されています。

どちらの本も「哀しみ苦しみを跳ね返し
自分たちが自分たちなりに精一杯生きることが
逆に地域みんなに勇気と元気を与えてくれた。」
という

涙なくしては読めない「感動のノンフィクション」
なってると思います♪

どうか、この真実の物語を
皆さんもぜひ「共有」してみて下さい m(_ _)m
[ふたつの「絆」の物語。]の続きを読む

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

「どくとるマンボウ」天国へいく。
IMG_5979o.jpg

私がこの世で一番大好きだった作家

北杜夫さんが、おととい24日にお亡くなりになりました。

今月初めまでは、トークショーに出席なさるなど
お元気なご様子だったようですが、
23日に急に様態が悪くなり翌日には息をひきとったとのこと

残念です。

北杜夫本

思えば、小学校高学年の頃初めて買った大人の本(?)が
世界をまたにかけるゴキブリが出会った人間どもを批評するという
超ユーモア小説高みの見物」

それ以降、どくとるマンボウものにハマり
中学の頃に「青春記」を読んで大感銘 !
高校時代には、純文学の大著「楡家の人々」

初期の作品では、とてつもなく切なくなる純愛ものの
「神々の消えた土地」や、
処女作の素晴らしく詩的で叙情的な散文「幽霊」・・・etc etc
一部のエッセイ等を除き、ほぼすべての作品を読破。

北さんの本は今にいたるまで一冊も処分せず、
文庫本を主体にほとんど所有したままです。

何故か心が病んで疲れていたりすると
無性に彼の作品を読みかえしたくなる、そんな楓ちゃん。

「青春の宝物がまたひとつ消えた」ような気がしてなりません。

*楓村にて'11,10,29 EOS 7D EF24~105mm*
[「どくとるマンボウ」天国へいく。]の続きを読む

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶」
400pobinashi.jpg

以前から度々ご紹介させていただいていた
3月3日に発売される大木茂氏の写真集

「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶」 ですが、

B4変形版、250X250X20mm、ダブルトーン印刷、
写真144ページ、本文20ページ、糸かがり上製本で
一冊3,990円という格安な値段もさることながら、

刊行委員会の方へ直接注文すれば、
特典で写真集から厳選した高解像度写真データ24枚入りCDが
サービスされるということ !
また、2月28日(月)までに代金を払込めば
初回の発送(4日)に間に合うということ
で、

楓ちゃんも

早速、郵便局へと走ってきました !!!

こちらも、大いに楽しみです♪

改めて直販サイトへはこちらからどうぞ m(_ _)m

*大木茂 鉄道写真館より*
[「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶」]の続きを読む

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

大木茂氏の写真集、タイトル変更
07Z.jpg

先日、ご紹介させていただいた「大木茂氏の写真集」
タイトルが変更になったそうです。

正式には、

「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶」

ということ m(_ _)m

心して、待つ事にいたしましょう~

*大木茂 鉄道写真館「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶」より*

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

大木 茂「昭和の残照 -蒸気機関車とその時代-」
af345c6e.jpg

大木茂さんといえば、
SL現役時代における伝説のスーパー写真集である

「北辺の機関車たち」 
大木茂/武田安敏/堀越庸夫 S46年8月20日 キネマ旬報社刊
の著者のひとりで、

プロになってからの近年では

「ヨーロッパ汽車の旅」 コロナ・ブックス刊
や、その他多くのユーロ鉄道本等で
楓ちゃんの憧れの世界を紹介してくれている
代表的な写真家でもあります。

03Z.jpg

その大木さんの
「昭和40年代に撮り溜めた約10年間分、
2万枚のネガから未発表の作品を多数含めた秀作を厳選した」

という写真集

「昭和の残照 -蒸気機関車とその時代-」

新宿書房 刊

が、3月3日発売されるということです !!!

1b996f80.jpg

ブログ仲間「けむりのアルバム」
アンギュロンさんも大推奨のこの写真集~

楓ちゃんも「心して」発刊をお待ちしたいと思います♪

*今回のスレッドのカットはすべて大木茂さんの作品から。
「北辺の蒸気機関車たち」からの再掲載はもちろん、
それ以外の全国の素晴らしいSLたちの姿も楽しみです。
[大木 茂「昭和の残照 -蒸気機関車とその時代-」]の続きを読む

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌