~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての頃
20060122162553.jpg

この写真は、初めて自分でカメラを持てた頃(当時小学6年生)のものです。
カメラは先にお話した「ミノルタ・ハイマチックE」で、プログラムオートのみのレンジファインダー機。
時は1972年秋、鉄道開通100周年で「SLブーム」の最盛期でした。

フィルムはモノクロ「ライトパンSS」16枚撮りで当時一番安く買えたもの。
場所は家の前。写ってるのは「特急やまびこ」485系ですが、ちょうど先頭車がボンネットの初期型から200番台へ変わっている真っ最中で、この時も上野方は200番台だったのを覚えています。

今、改めて見ると偶然ながら、チャント「流し撮り」なってる~・・・(^_^A;;;

ちょっとはずかしいけれど、この写真が私の原点。
この後、奇跡の復活を遂げた東北線奥中山のD51三重連貨物を撮りに行き、現役最後のSLに夢中になっていく楓ちゃんだったのでした。

*東北線にて'72,10 minolta HI-MATIC E ROKKOR-QF40mm F1.7 ライトパンSS*
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。