~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ああ、上野駅!」
20060125234612.jpg

たぶん、シニア以上の東北人なら忘れられないのが
「東京の北の玄関口・上野駅」。

映画「三丁目の夕日」世代はいうに及ばす、明治の石川啄木の時代から東北新幹線が開通する頃まで、北国の人間にとって上野駅に降り立つことが首都・東京への第一歩だったのです。

楓ちゃんが初めて上京したのは1963年の夏・・・実はまだ2才半のそれは可愛い(!?)子供だった頃ですが、母と姉2人と一緒に楓村からSL牽引の急行列車(もち普通車・列車名不明)に延々と揺られてたどり着いたのが上野駅との最初の出会いでした。

時は過ぎ、1976年春に2度目の上京。時代はすでに電車の世の中ではありましたが、列車からあの「行き止まりのホーム→正面改札口」に降りた時のことは今でもしっかりと思い出されます。

その頃は姉が横浜(大倉山)にいたこともあり、高校時代も一年に一度は理由をつけて東京へ行っていましたが、なんといっても18才の春(ちょうど今頃ですね・・・)大学受験のための上京。そして、それからの在京15年間のことは忘れられません。

我が故郷との行き来のたび、時には「夢と希望と喜びにあふれ」時には「挫折と苦悩と悲しみをかかえて」何度、上野駅のあの地平ホームに立っていたことか・・・(T_T)

楓ちゃんにとっての上野駅も、やっばり「♪こころの駅♪」で、「特別な思いをよせた駅」だったのだなぁ~と今でもしみじみ感じ入る次第です。

*上野駅にて'82,1 Canon AE-1 FD35mm Try-X*

スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。