~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
C62復活伝説
20060226154040.jpg

「信じられないこと」というのは、えてして起こりうるものです。

今から19年前の春、国鉄からJRへ歴史的な転換があった「あの日」。彼は「生き返り」その姿を我々の前に現わしました。

それから1年後の春、現役蒸機終焉後初めて私は津軽海峡をわたり、あの「あこがれの山線」倶知安峠に立っていたのでした。

C62は、戦後余剰になったいた大型貨物機D52のボイラーその他を利用して新たに作られた2C2軸配置(ハドソン)の旅客用、日本最大の蒸気機関車。かつては東海道その他のメインラインで「特急つばめ」を筆頭に数々の優等列車を牽引した花形でした。
その後、北海道に渡ったC62達は函館本線の小樽~長万部間、通称「山線」といわれた難所を克服するために持てるパワーを最大限に発揮して最後まで活躍。「急行ニセコ」を重連で牽いて奮闘する姿は、当時のSLファンにいくつもの「感動のドラマ」を与え続けたのです。

私は年代的にその姿を生で見ることはかなわず、あくまでも「伝説」として知りえるのみだったのですが、その時初めて見た「C623号機」の走りっぷりは、今まで私が知っていたSL達とはまったく次元の違うものでした。

それはまさしく、伝説の「ジェット音」だったのです!

その後C623は「バブルの崩壊」と共に再び眠りにつきました。
もう、バブルそのものは望みませんが、いつの日かまたあの「ジェットの響き」が復活することを夢見てやみません。

*函館本線小沢~倶知安'88,5,3 Canon F-1 FD100mm×2 Try-X*

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。