~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
「明日に向かって走れ」~2006年暮れ~
20FH000022.jpg

楓ちゃんにとってまたも「大激動」だった1年が
まもなく終わろうとしています。

正直、「よくやった ! 」と自分で自分を褒めてあげたい気持ちです。

来年が「平穏無事に」などと思うような「お気楽な」気分ではありませんが、「やることはやる」精神で行きたいと思っています。
「黙々と」ね。

今年一年、ありがとうございましたm(_ _)m

みなさま、よいお歳をお迎え下さい。

*中国・鉄法にて'04,3 EOS-1N EF50mm RHP3*

[「明日に向かって走れ」~2006年暮れ~]の続きを読む

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

Mary X'mas 2006
IMG_9646o.jpg

今日は「クリスマス・イブ」

敬虔(?)な仏教徒である楓ちゃんですが、まあこの日だけはよしといたしましょう~~~

23日は「かちかちっちさん」「かつぱちん」につき合ってもらって噂のお店「ラディシュ2」ヘ行って来ました。
「しゃっちょさん」いろいろお世話になりました。

「かちかちっちさん」有意義な一日でした。
「かつぱちん」市民に還元してくれてあんがとー

それに、すてきなプレゼントを送ってくれた
「チームおぎさく」のおふた方(_ _) etc.etc

今夜は、1年間お世話になったたくさんの方に感謝したい夜にいたします(^o^)/

それではみなさんハッピーなクリスマスを !

*楓村にて'06,12,16 EOS-20D Siguma12~24mm*

テーマ:個人のニュース - ジャンル:ニュース

「のだめオーケストラ(都響)」が楓村にやってくる !
IMG_9651h.jpg

テレビドラマ「のだめカンタービレ」に、全面協力しているオケで実際に演奏や出演もしている
「東京都交響楽団」が新春コンサートで、なんと楓村にやってきます♪

演奏する曲には、あの「のだめ」のテーマソングともいえる「ベートーベンの交響曲第7番」もあると聞けば、これは行かないわけにはいきません !

ということで、今日さっそくチケットをゲッツしてきました~~~(^o^)/

「こりゃ来年は新春早々縁起がいいぞぅ~~~
[「のだめオーケストラ(都響)」が楓村にやってくる !]の続きを読む

テーマ:のだめカンタービレ - ジャンル:テレビ・ラジオ

今日は何の日 !?
IMG_9151-2o.jpg

今日は12月17日(いて座)。

グレゴリオ暦で年始から351日目(閏年では352日目)にあたり、年末まであと14日(2週間)。

この日は「ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功」した日。
この日生まれた有名人は、島木赤彦・野間清治・柳家小三治〈10代目〉・有藤通世・夏目雅子・假屋崎省吾・TARAKO・池山隆寛・有森裕子・西村知美・牧瀬里穂・あぶさん(景浦安武)・「X星統制官(!?)」etc.etc.

そして我らが(?)楓ちゃん
ウン十年前の本日昼前、この世にご誕生あそばしたのでした・・・(^_^A;;;


[今日は何の日 !?]の続きを読む

テーマ:個人のニュース - ジャンル:ニュース

さらば「コダクローム」
20061213204411.jpg

世界唯一の「外式」で、現役の中では一番古くからあり50年以上の歴史をほこるリバーサルフィルムである「コダクローム」。その伝統的なフィルムもとうとう販売を終了するそうです。

楓ちゃんが本格的にリバーサルを使うようになった時のメインフィルムがこれで(当時フジクロームは使えるようなしろものではなかった。)、 たしか1977年~87年頃までの約10年間はKR1本での勝負をしていました。

その「渋みのある独特の発色」と「35mmでもB全まで伸ばせる」といわれた「尖鋭度の凄さ」。50年は大丈夫という「退色のしにくさ」などは、若かりし楓ちゃんをとりこに・・・ただし「増感不能」の「ラチチュードの狭さ」、また「地方での現像処理の手間」等には苦労したことも。また、ひどいときには「ピンクの雪景色」になってしまうような「発色のばらつき」にはずいぶん泣かされたものでした。

20061213204425.jpg

その後、ベルビア(RVP)の「鮮烈なデビュー」により「取り回しのよい」フジクロームにいつしか転換。さらに今では「仕事に関して」は、ほぼ100%デジタルとなってしまっています。

今回の終了にあたって、やはり「時代の流れには逆らえなかったのか ?」ということと、自分に取ってのコダクロームって「青春のほろ苦い思い出」色のフィルムだったんだな。などといろいろな考えをめぐらせてしまった楓ちゃんでした。

「さらば青春のコダクローム」よ~~~(ToT)/

*東北本線にて'85,3 Canon F-1 FD35~70mm FD200mm KR*

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

冬来たりなば


本格的な降雪のシーズンを迎え、
今「北国」では「雪との戦い」の準備に余念がありません。
もちろんそれは「鉄路」とて例外ではないのです。

02IMG_9465o.jpg

現在、日本ではわずか3両(実稼働としては2両)だけとなってしまった、ラッセル車「キ100」。「昭和10年生まれ」のこの老除雪車にもまた「仕事に励む時」がおとずれました。

03IMG_9491o.jpg

黙々と「試運転」を続け、来るべき時に備える
「つわものども」の働きがあるからこそ、
私たちは安全に「あたたかな生活」を送ることができるのです。

*小坂鉄道にて'06,12,8 EOS-20D EF16~35mm EF70~200mm*

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

「ハイジ本」2冊
IMG_2423-2h.jpg

久しぶりにハイジ関連の本を2冊購入しました。

ひとつは原作
「ハイジ」(上下) ヨハンナ・スピリ作  竹山道雄訳 岩波少年文庫 1952 (1979年29版)刊

ハイジの原作は、今までも「角川文庫版 1952 (1975年改版13版)」を所有していましたが、最近これが妙訳であることを知り、ドイツ語から翻訳され、原文を尊重した意義ある全訳であり高畑アニメの底本のひとつにもなったという、この岩波の旧本を手に入れました。

ちなみに「ハイジ」の原作は、大正9年(1920)に翻訳された「野上彌生子訳」を原点に、それこそ星の数ほど出版されています。いずれはこの有名な古典訳である「野上本」(岩波文庫でも改訂版あり)をはじめ、現在もっともポピュラーな訳である「福音館書店版の矢川澄子訳」も読んでみたいと思っています。(ハイジの原作本についてはこちらを参照のこと。)

さて、もう1冊は
「ハイジに会いたい ! -物語の背景とスイスアルプスへの旅-」純丘曜彰・純丘路子著 三修社 2006年刊

こちらは「小説やアニメを通じ、世界中の人々にいまも愛され続けているハイジの物語を、スイスの歴史や風土、信仰のあり方にまで遡って詳しく説明」している最新の解説書で、登場人物像の側面や、文化歴史・社会的な背景。そして、物語の舞台であるスイス・マイエンフェルトへの旅行ガイド等、幅広い情報と奥深い知識が満載です。
そして、多くの「アニメカット」が使用されているのも魅力のひとつですね。

楓ちゃんとしては、これらを種本に
来るべき「Heidi Dorfへの旅」のためにプランニング
をたてておきたいと思っています。もちろんフランクフルトから汽車に乗ってね ! (マジ・笑)
[「ハイジ本」2冊]の続きを読む

テーマ:書籍紹介 - ジャンル:本・雑誌

「ヨーデル」


「iPod」のお陰で最近とみにCDを購入している楓ちゃん。
今回は「ハイジ」のDVDの影響もありこんなものを手に入れました。

「YODEL(Now Best One)」ビクターエンターテイメント2005

とてもよいです。
気分は完全にアルプスです !
これは「ぜったい氷河急行を走らせながら聞きたい~~~」ですよっo(^ ^)o
[「ヨーデル」]の続きを読む

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

とうとう・・・ !
IMG_2414-2h.jpg

「師走」

楓ちゃんにとって「超激動だった2006年」も、後ひと月となってしまいました。そして、12月の声を聞いたとたん楓村にも「雪のたより」が届いてきています。

ところで、12月といえば何をかくそう「楓ちゃんの生まれ月」。

今年1年、本当にがんばった自分への「ご褒美」にと、長年の検討事項であった私のバイブル
「アルプスの少女ハイジ」 DVD-BOX 13巻組(和名:楓物語)
をとうとう購入してしまいました(ToT)/

楓ちゃんが持っていて当然のこのDVD、実はVTRで全巻ありましたのでなかなか購入に踏み切れないでいたのです・・・

これで、今年の年末は「ハイジ」「のだめ」
感動的に過ごせます0(^_^)0
[とうとう・・・ !]の続きを読む

テーマ:個人のニュース - ジャンル:ニュース