~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
いつのまにやら・・・
IMG_1301h.jpg

今から約4年ほど前、
仕事用のデジカメをEOS (10-D) に変更した際、
売り払ったOlympus CAMEDIA E-10の資金でプロの友人から手に入れたのが、銀塩フルマニュアル一眼「Nikon newFM2/T」

そのためのレンズが、気が付くとなんと7本にもなっていました !?

ちなみにラインナップは、というと

Carl Zeiss Distagon T* 25mm/f2.8 ZF
Ai Nikkor 45mm/f2.8P (シルバー)
Ai Micro-Nikkor 55mm/f2.8S
Tamron SP 90mm/f2.5 (52BB)
Ai Nikkor 135mm/f2.8S
Ai Nikkor 200mm/f4S
Ai Zoom-Nikkor 35~105mm/f3.5~4.5S

といった具合です。

ただし、この中で新品購入したのは、
Distagon 25mmとAi Nikkor 45mmのみ。
Tamronの90mmは、以前FDマウントで使っていたものだし、
その他のAi-sレンズはすべて中古品なので、それほどお金はかかっていません。

が、それにしてもいつのまにか数が増えてしまいました・・・

一応、これで「打ち止め」のつもりですが、
こうなると何やらもう一台ホディが欲しい気分(-_-A;;;

本当は、その昔、憧れたNikomat ELFE2あたりがいいのですが、専門家である軽穂@荻作さんの話では「その辺りの年代の電子シャッター式ボディは、メンテナンスの問題もあり実用品として使うにはもはや難しい」とのこと。

今、意外に中古でお買い得なのは「Nikon F3」なのだそうです。

F3といえば、昔、仕事場にあってたまに使っていましたが、未だにカメラとしての感触は、かつての楓ちゃんの主力機「Canon F-1」に勝るとも劣らないものだったと思っています。

そのうちに「いつのまにか手元にあった」りしてね・・・(大汗)

実は、あまり使うチャンスのない、このマニュアルカメラ+レンズ群。
しかし、はからずもデジタル全盛となってしまった現在の楓ちゃんの環境においては、ささやかな「抵抗勢力」として、それはしっかりと存在しているのでした。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真