~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「2010年古都への旅」~飛鳥から斑鳩へ~
IMG_1526-2o.jpg

*「2010年古都への旅」シリーズ、続き。その5

11月18日(木)
今日は、飛鳥から斑鳩まで、遥か「古代(いにしえ)」を訪ねる旅。

飛鳥へは、奈良駅よりJR桜井線で桜井駅まで
そこから近鉄線に乗り換え明日香村を目指しました。

IMG_1580o.jpg

飛鳥駅で自転車を借り、まずは「高松塚古墳」辺りへとGO。
途中で見かけた飛鳥らしい田園風景を一枚、パチリ♪

IMG_1608-2o.jpg

アップダウンの多い細道を「鬼の俎・雪隠」「亀石」沿いに
超のんびり走ること小1時間ほど。小高い丘の上に見えてきたのが
「聖徳太子」誕生の地と伝えられる「橘寺」

とても、品の良い美しいお寺だったので、
当初予定にはなかったのですが、思わず拝観することに♪

IMG_1651o.jpg

そこから、もうひとふんばりで
あの「蘇我馬子」の墳墓といわれる「石舞台古墳」までは、
チャリで頑張り (笑)

IMG_1655o.jpg

この先の行程や天候ぐあいもあって、石舞台からはタクシー利用。

個人的に興味のあった、「大化の改新(クーデター)」の舞台、
「伝飛鳥板蓋宮」の跡を見つつ

IMG_1656o.jpg

飛鳥探訪、最大の目的のひとつ「飛鳥寺(元法興寺)」へ行き、
現存では日本最古と伝えられる「飛鳥大仏」を拝しながら

「いかに蘇我氏という氏族が、古代大和・飛鳥の地で全盛を極め、
また滅んでいったのか」
を想像してみる楓ちゃんでした。

「飛ぶ鳥の明日香の里を置きて去なば

君があたりは見えずかもあらむ」
(万葉集第一巻)


IMG_1686o.jpg

さて、タクシーを橿原神宮前駅で降りた私たちは
近鉄線で筒井駅へ向かい、そこからはバスで斑鳩の里へ。

着いたところは、もちろん日本(いや世界)を代表する
(謎の?)大寺院、聖徳太子ゆかりの「法隆寺(斑鳩寺)」 !

IMG_1693-2o.jpg

ここの境内は、何度訪れても神聖で独特な雰囲気。

折しも、大講堂の修復中で
ここでなんと、楓ちゃんは屋根瓦を寄進することに !!!
その書名入りの瓦は、未来永劫残っていくこととなるかも♪

IMG_1724o.jpg

西院から大宝蔵院、そして東院へと向かい、
拝観時間の関係から先にこの旅のもうひとつのメイン見仏像
「中宮寺」木造菩薩半跏像をじっくり拝ませていただいてから
改めて「夢殿」へと。

IMG_1737-2o.jpg

ご開帳中の太子自身といわれる「救世観音」さまを遥かに遥拝し、
「太子は、何故飛鳥の地からここ斑鳩に移り住んだのか ?」とか
その後の「斑鳩での上宮一族の悲劇」など思い起こしながら、

その日の日程を終了したのでした。

「家にあらば妹が手まかむ草枕

旅に臥やせるこの旅人あはれ 」
(万葉集第三巻)


*奈良飛鳥・斑鳩にて'10,11,18 EOS 5D Mark2 EF24~105mm*
[「2010年古都への旅」~飛鳥から斑鳩へ~]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。