~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生々流転 ~餘部旅唄~
20060203173036.jpg

「山陰本線余部鉄橋」

この明治時代に作られた、そうそうたる大鉄橋も老朽化の波に追われ、もうじき真新しいモノに取って代わられると聞きました。

私がこの地を訪れたのはもう20年以上も前。
たった一日だけの事でしたが、たしかに印象深い光景を目にさせていただきました。

なんといったらよいのでしょう?

山々と入江に挟まれた小さな集落。その天空にかかる橋の上を人々を乗せた列車が淡々と通り過ぎていく・・・

ただそれだけのことなのに、

ここは、自然の元「日々を営む人々」と、旅の空「うつり流れゆく人々」が、一瞬の間、相まみえていく・・・そんな場所なのだろうかと、私はその時、そんな風に考えていました。

*山陰本線にて'82,10 Canon F-1 FD35mm Try-X*

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
最近この地に旭川のひんしゅくおやじが出没と目撃情報有り。
2006/02/04(土) 04:43:45 | URL | スハニ6 #-[ 編集]
いらっしゃいませ~!
スハニ6@さまっく様、ようこそです(_ _)
先日のDVDは楽しませていただきました。どうも御馳走様でした~(合掌)
ところで今日は立春ということでしたが、我が楓村は最低気温-14℃と、この冬一番の冷え込みでした・・・こりゃ~きっと、旭川の方から「ひんしゅくな風」が内地に向かって吹いていたせいだったんですね~・・・(苦笑)
2006/02/04(土) 16:44:15 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
ブログ開設おめでとうございます。
五郎八も20年くらい前の夏に行きました。

確か香住あたりでマルヨをしてDD51重連の出雲や夕方の鉄橋ギラリを狙った記憶があります。
2006/02/05(日) 20:53:44 | URL | 五郎八 #-[ 編集]
568様どうもです。
最近の五郎八さんは、チャイナで花見ばかりしてるので、なかなかお会いできませんね・・・もっとも、楓ちゃんもちっとも出かけておりませんが(-_-)
正直言うとこの時の余部詣は、山口行きの帰り、かつてのドン行夜行「山陰」折返しで一夜を過ごし寄ったものです。
ちなみにこういう知恵は、同行していただいた教祖様より伝授していただいたのでした~(汗)
2006/02/05(日) 21:38:43 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。