~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
SLブームとやえもん
IMG_1015h.jpg

先日、Amazonを検索していて見かけた「鉄道ビクトリアル」(電気車研究会)の6月号。

ふだん雑誌はほとんど買わないのですが、表紙のC57135と特集SLブームの文字に反応して思わず、ポッチしていました(汗)

「SLブーム」凄かったですね !!!

楓ちゃんは、間違いなくこれで「鉄の道」の入り口をくぐりました !?
昨今は「鉄道ブーム」と呼ばれているらしいですが、当時の盛り上がり方はまさしく「社会現象」と言っても過言ではなかったです。
そして、今ある鉄道趣味のあり方はすべて「あの頃から始まったのだな」と改めて思わされました・・・

今回、懐かしくて同時購入した絵本「きかんしゃやえもん」(岩波書店)は、またさらに古く、たぶん小学校の低学年に図書館で借りて夢中になった記憶があります。

たしか、元々は国語の教科書で読んだのだったでしょうか。

この絵本も間違いなく「我々世代の原体験のひとつ」となっていると思います。

テーマ:本とつれづれ - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
やえもん
懐かしいですね。
いつの間にか無くしてしまいましたが。
いまだに印刷されているのですね。
2008/05/05(月) 18:19:24 | URL | MCB2X #-[ 編集]
お久、です。
GWいかがお過ごしですか ?
(とりあえず日本に居るようで・・・)

「きかんしゃやえもん」
奥付けを見ると、
1959年12月5日、第1刷発行
2001年9月25日、第56刷改版発行
2006年11月15日、第62刷発行
とありました。

チョ~ロングセラーなんですね !?
2008/05/05(月) 18:43:09 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
御無沙汰しております。
懐かしいですね~私も子供の頃、やえもんは現役で良く見ましたね~家にありました。私の古典機嗜好の原点になったのかもしれません。
表紙の、ナスミスウイルソン600型っぽい絵も変わりませんね(ちなみにこの話は1号機関車譲渡の実話に近いのですが、1号の代りに島鉄に行ったのが確かナスミスでしたね…)
最近になって阿川弘之氏の著作だと知りビックリした次第です。彼の『井上成美』『米内光政』はおススメです。
2008/05/05(月) 19:47:08 | URL | 大兄貴 #i1jUUG.6[ 編集]
Re:やっぱ、リアルタイムですかぁ~(笑)
大兄貴殿
その後、体調はいかがですか ?
(あまり長生きして現代の生活がなじまないのでは・・・)
お体くれぐれもお気をつけて下さいm(_ _)m

阿川弘之氏は、もち戦記物(提督物?)でも有名ですが、知る人ぞ知る「乗り物マニア」ですよね♪
かの内田百﨤氏の「阿房列車」にもじって「南蛮阿房列車」シリーズを書いたのもそうですし(これを勧めたのがまた編集者時代の宮脇俊三氏だそうで)、SLブームの頃には平凡社カラー新書で広田尚敬氏・黒岩保美氏と共著で「蒸気機関車」という本も出してましたね !

偉大な作家さんだと思います。

PS、ブログ休止残念です・・・
蒸機のごとく、またいつか「復活」することを祈っております(ToT)/
2008/05/05(月) 20:16:31 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック