~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
「青葉まぶしく」~新緑只見行2008~
01IMG_9917-2o.jpg

磐西線にひき続いて、行って来ました初夏の只見線「SL新緑行」
昨年とはうって変わって、まぶしいほど好天気の2日間でした♪

02IMG_9932-2o.jpg

初夏の陽光に照らされた「若葉」は、素晴らしいほどの緑のトーンに彩られ、

03IMG_9941-2o.jpg

その「かがやき」からは、生き返るような気持ちさえいだき

04IMG_2004-2o.jpg

とても感動的でした !

05IMG_9950-2o.jpg

その中を行くSLもまたいきいきと、

06IMG_9969-2o.jpg

さまざまな表情を見せてくれて

07IMG_9991-2o.jpg

現役時代さながらの「本物の汽車」がいる風景に、
ただひたすらに酔いしれた楓ちゃんです。

*只見線滝谷~会津桧原'08,5,21 EOS-1D Mark3
Tamron28~75mm*
*只見線会津川口~本名'08,5,21 EOS-1D Mark3
Tamron28~75mm*
*只見線会津越川~本名'08,5,21 EOS-1D Mark3
Tamron28~75mm*
*只見線会津蒲生~会津大塩'08,5,22 EOS-40D EF70~200mm×1.4*
*只見線会津川口~会津中川'08,5,21 EOS-1D Mark3
Tamron28~75mm*
*只見線会津宮下~会津西方'08,5,21 EOS-1D Mark3
EF70~200mm*
*只見線根岸~会津高田'08,5,21 EOS-1D Mark3 EF70~200mm*

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
二日間、お疲れ様でした。
第八俯瞰ですが、200mm×1.4×1.6=448mm相当・・・300mmレンズが必要でしょうか? ちなみに300mm相当だと厳しいですか?
2008/05/23(金) 09:21:08 | URL | 懐浪漫人@会社 #-[ 編集]
我々が撮った林道からは、
木の間から抜くので、アップめになりました。
300mmでも、大丈夫でしょう。

もう少し時間があれば、上に登ったと思いますが、ちょっとたりませんでした。昼食は現場でおにぎりでも食べるつもりで行くと、余裕だと思います。 ちなみに、林道からの沢の直登時「足回り」は、しっかり ! できれば、軍手など用意していた方が無難だと思います。気をつけて下さい。

ここは、紅葉で完璧に決めたいところです♪
2008/05/23(金) 09:33:49 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
UP鬼早ですね。
お疲れさまでした。今回は天候に恵まれてさわやか只見でしたね。次回は夏空が広がる会津盆地と川霧を決めたいですね。
2008/05/23(金) 12:29:04 | URL | 荻作 #-[ 編集]
Re:お世話になりましたm(_ _)m
近年まれにみる「快適」な、撮影行でしたね !
「栄光館」も、最高に気持ちよかったです♪
正直、帰るのがいやになりました・・・

来月は、現実と真っ正面から取り組み、7月は「川霧」「生ビール」を !!! 秋には、「紅葉燃える八橋俯瞰」をぜひ、決めましょう~(^_^)/
2008/05/23(金) 12:37:24 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
旧客にマーク無しは良いですね。
現役みたいです。
2008/05/23(金) 21:03:30 | URL | スハニ6 #-[ 編集]
Re:そうです♪
見ていると、本当に時を忘れてしまいます !
まして、只見は沿線のロケーションが当時の面影のままなのでよけいそう感じるんですよ~

(「常紋」も、せめてマークなし、SL重連で旧客なら、涙ものですが・・・本当は、D51+貨物希望・・・)
2008/05/23(金) 21:09:54 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
遠征お疲れ様でした
皆さん、遠征お疲れ様でした。
やはり今年も行けず・・・おまけに義理の母が入院、ICU送りとなってしまい散々な今週でした。
せめてもの救いはライブカメラでちびもくさんの汽笛と煙を見れたこととICUから一般病棟へ移れたことですか・・・
2008/05/25(日) 20:20:49 | URL | aikorota #-[ 編集]
大変でしたね。
お察しいたしますm(._.)m
まずは危機を脱したことをよしといたしましょう。

只見の汽車は、相変わらず、限りなく「現役チック」(ただし、試運転のマークなし)で、嬉しく思います♪

いつまでもこの姿が見られることを祈る私です。
2008/05/25(日) 20:32:27 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック