~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
「あざやかな場面」~2008年汽車への旅~
SL2008o.jpg

あいかわらず1年というものは、早いもので
今年もあとひと月、あっという間に師走です。

ということで、楓村通信恒例(?)「2008年汽車への旅」の総括 !

◎出撃場所 1月、上越線に1日
      2月、磐越西線に2日
      4月、磐越西線に3日
      5月、磐越西線に1日、只見線に2日
      7月、只見線に2日
      9月、東北本線に1日、山口線に2日
      10月、石巻線に2日、只見線に2日
      11月、磐越西線に2日
◎出撃日数、計20日
◎撮影機種、D51 498・C57 180・C11 325・C571 計4両
 (12月1日現在)

逃した魚もありましたが、昨年は北上線という地元開催も含め、1年間で延べ30日だったのを思うとこの日数はおおむね満足な数字だと思います。今年は、まだまだありますしね♪

いずれにしても、本年もいろいろな方々に感謝ですm(_ _)m

*Canon EOS1D3 20D 40D EF16~35mm・35mm・70~200mm・300mm・Ext1.4 Tamron28~75mm*


「あざやかな場面」いい歌、です♪

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
逃がした魚は泳いでるぅ♪
2008地球年もお世話になりました~☆
本官は新しい年も計算の修正に忙しいのでしょうねぇ・・・何しろ、水は黄金より貴重ですからねっ!?
2008/12/02(火) 22:58:25 | URL | 統制官 #-[ 編集]
Re:気が早いですが、
今年もお世話になりました。が、来年は「も~っと」お世話していただきたいと思います(^_^A;;;

お互い12月になるとまたひとつ、歳をとってしまうんですね~・・・
2008/12/03(水) 08:35:42 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
私の「汽車への旅」は5日間の出撃でした。でも中学生時代、お小遣いを貯めて当時現役の汽車に会いに行ったもの、その程度でしょうか・・・なによりもこの時代に汽車に会えることに感謝です。来年もご一緒させてくださいね!
2008/12/03(水) 22:16:04 | URL | 倶知安 #-[ 編集]
Re:ある意味、
今年は、倶知安さんにとっては「エポックメイキング」な年だったのではないでしょうか !?

>なによりもこの時代に汽車に会えることに感謝です。

正直、本当にそう思います。
また逢いに行きましょう~ねっ(^_^)v
2008/12/03(水) 23:15:38 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
今年もいろりろありましたね。
今年は昭和83年にあたるらしいですが、まっ、いろいろありました。後半からにわかに世界大恐慌の様相で来年はさらに不景気になるらしく、大変そうですがそんな事を心配してもしょうがありません…今年の心残りは、というと、GIANTS日本一の胴上げが見られなかったこと、EF55の旧客試運転に行けなかったこと(最初は行く気が無かったけど人様の写真を見て後悔)、ジュリー祭りに行かなかった事、等いっぱいありますが、最後のクリトレはバシッと決めてメデタシメデタシといきたいものです。
2008/12/07(日) 19:18:01 | URL | 荻作 #-[ 編集]
Re:「ケセラ・セラ~♪」
「なる様になる~♪ 先の事などわからない~」

ちょっと「嫌な」話ですが、今日の予報だと「今後一週間は、強い寒気の流れ込みはない」んだそうです・・・
まあ、こればかりは考えていてもどうしようもないですね !?

考えてみれば、今走っているSL達も、戦前の大不況や不作、戦争、戦後の大混乱を乗り越えて21世紀の現代まで生き残っているわけですし・・・生きていければ、きっと「いいこと」にも出会えますよね !
(ちと、大げさ・・・)

2008/12/07(日) 19:29:23 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
今年を振り返ると・・・
数えたら、撮影日数は46日でした。年内は後4日出陣するので50日達成(・・・意味ない?)の見込みです。ショツト数は2,000コマいかない程度なので少ないかな?>>>1列車あたりの撮影回数は標準(ってなに?)より多いと思います。
2008/12/10(水) 13:22:12 | URL | 懐浪漫人@会社 #-[ 編集]
Re:蒸機のみで
50日間だとすると凄いけど、他の列車も入ってですよね ?
それでも、毎週一日は線路端で何かを撮っている計算、
凄いかぁ~・・・
2008/12/10(水) 14:06:49 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック