~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は「花まつり」です♪


皆さんは「花まつり」って知っていますか?

正式には「灌仏会(かんぶつえ)」といい、毎年4月8日に釈迦の誕生を祝う行事のことで、日本では、様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作って、その中に灌仏桶を置き、甘茶を満たし、誕生仏の像をその中央に安置し、柄杓で像に甘茶をかけて祝います。
また、宗派に関係なくどの寺院でも行い、甘茶は参拝者にもふるまわれ、甘茶で習字をすれば上達すると言われたり、害虫よけのまじないを作ったりもします。
ちなみに、「花祭」の呼称は明治時代以降、浄土宗派が付けた名前だそうです。(Wikipediaより)

今では楓村でも知っている人は少なくなってしまったようですが、楓ちゃんがご幼少の頃のS40年代半ば辺りまでは、近くの浄土宗のお寺などで盛大におこなわれていました。
当時は、友達みんなで集まってお参りをしに行き、「甘茶」ならぬ「ジュース」や「お菓子」、さらには「おもちゃ」や「雑貨品」までいただいて、正直、クリスマスよりぜんぜん楽しみにしていたものです!

あらためて、仏教徒なら、クリスマスより花まつりの今日という日をお祝いしましょう~ねっ(^o^)/

*陸奥横浜にて'00,5,15 EOS-1N EF24mm RVP+1*

テーマ:仏教学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
思い出しました。
昔新宿に住んでて、家の近所に三徳というスーパーがあってそこで毎年甘茶を配っていましたね。お釈迦様の誕生日とということはなんとなく憶えていましたが4/8ということはすっかり忘れていました。
2006/04/09(日) 19:44:11 | URL | 荻作 #-[ 編集]
釈迦生誕日って、
正確には旧暦の4月8日らしく、地域によっては月遅れの5月初旬におこなう所もあるようです。

それにしても、荻作さんが住んでいた頃の新宿界隈って楓ちゃんが知っているような超高層ビルに代表される今のイメージとはぜんぜん違っていたのでしょうね。
それはきっと都電やトロリーバスが表通りを走り、路地には空き地があったり、小さな商店街が連なるあの、「三丁目の夕日」的空間が広がってたのかな?と、エピソードを拝見してそんなふうに思ってしまいました。

*追伸、もし連休前の「熱海でミカドのパシフィック桜まつり」開催可能の場合はご連絡下さい! 楓ちゃんは無理してもご参加いたします。「かつぱちん」にも話はしておりますので(_ _)*
2006/04/09(日) 23:04:05 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。