~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「昭和史」~1926-1989~
IMG_2693o.jpg

戦後64年・・・

「国民的熱狂は何をもたらしたのか ?」

「日本はどんな道を辿ってきたのか ?」(帯より)

IMG_2698h.jpg

日本人はなぜ戦争をくり返したのか・・・。
すべての大事件の前には必ず小事件が起こるもの。
国民的熱狂の危機、抽象的観念論への傾倒など、
本書に記された五つの教訓は、現在もなお生きている。

焼け跡からの復興、講和条約、高度経済成長、
そして、バブル崩壊の予兆を詳細にたどる。

世界的な金融危機で先の見えない混沌のなか、
現代日本のルーツを知り、世界の中の日本の役割、
そして明日を考えるために、今こそ必読の一冊。

毎日出版文化賞特別賞受賞作

半藤一利(はんどうかずとし)
「昭和史」1926-1945
「昭和史」戦後編 1944-1989
平凡社ライブラリー

昨今、右よりの方々がいう、いわゆる「自虐史観」ではなく
また、極端に自己を肯定しすぎる「皇国史観」でもない。

かつて、昭和史をきちんとしたかたちで教わる事のなかった
我々にとって

「歴史に学び、過去を究めてこそ、

未来がみえる」
のです。

大著ですが、とても読みやすい本ですので
この夏、ぜひの一読をお勧めいたします♪

*楓小屋より'09,8,15 EOS 20D EF28~70mm*

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。