~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
走ってます!
aIMG_7709-2b.jpg

今年のGWもいよいよ終わり、皆さんはすてきな連休を過ごされましたか?

ところで楓鐵道西口線では、非電化にもかかわらずオーナーの気分で時々いろんな車両が走り始めます(^o^A;;;
いろいろなことをおっしゃる方もおりますが、まあ本人がご満悦しておりますので細かいことはご勘弁下さい・・・(_ _)

b102_0246-2.jpg

写真は、架線も無いのに疾走していくなつかしのボンネット特急「やまびこ」EF80に惹かれる20系特急寝台「ゆうづる」です。

どちらも、S40年代に楓村を走っていた思い出の列車たちです。
(当然「ゆうづる」は楓村内はED75牽引でしたが。)

c102_IMAGE.jpg

んで、当然楓ちゃん好みの蒸機列車も走ってきます!

こちらは9600形、セキ牽引は幌内線で見たイメージでしょうか。

鉄道模型ネタが続いてますが、やっばり「鉄道模型は走らせてなんぼ!」見ていると「ワクワク」してきます。
「情景があればなおさら良し」ですよね(^o^)/~~

*楓鐵道西口線にて EOS-10D EF16~35mm PSにて画像処理*

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
おっしゃる通り~(^o^)/
毎度さんです、何か先日の運転会以来、模型モードに入ってますね(^^;)
でも模型に関しては、おっしゃる通りですね~オイラも同意見ですよ!どうも日本の場合、車輌を集める事が模型趣味の主流となっていて、走らせる事をしない人が多すぎるような気がします!HOクラスなら、スペース的な問題もありますので、ある程度理解が出来ますが、Nゲージでも収集のみという方が多くて(オイラもある意味、そうなのかも?)、ちと悲しいですね…(>_<)
また別の問題として、日本の模型はディテールだけを追求しすぎている、とも思います。完成品状態で、直線しか走らない物とか、ディテールを追求しすぎて、動力装置そのものを外してしまう人もいるとか?いろいろな模型の中でも、走るというのは鉄道模型だけなのに…
風景の中を走ると、買ったままの模型でも十分引き立ちますよ~自分なりに手を入れた物なら、なお一層よく見えるようになりますね!

例のミッション、ちと早めですが、今夜から始動します(^o^)>
2006/05/08(月) 23:08:46 | URL | かちかちっち #-[ 編集]
かちかちっちさんは全然違います!
もちろんコレクションすることに何も否定はいたしませんが、何よりかちかちっちさんは「世界有数のレイアウト用台枠ベース」を皆さんに提供しているじゃありませんか~(^o^)/
DCCの普及だってそうですよ!
やっぱり貴方は「鉄道模型の何たるか」をちゃんと判っていらっしゃいます。
(持ち上げすぎかな・・・)

追伸:「ミッション・コンプリート」楽しみにしておりますぜ!!!
2006/05/08(月) 23:42:44 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
私も先月札幌市内で行った模型クラブの運転会でHOをがんがん走らせて来ました。大夕張の混合列車です。9600にスハニ、オハ、ワ、セキです。我が家にも走らせたり展示したりするレイアウトやセクションが欲しいけどスペースが無いから断念してました。でも作りたいっす。安い転車台出ないかなぁ。
2006/05/09(火) 07:15:25 | URL | スハニ6 #-[ 編集]
ぜひ、
mcb2Xさんにストラクチャーどんどん作っていただいて、いずれ大夕張の記念館に往年の世界を復元させて下さい!

考えてみると楓ちゃんはスハニ6さんの所有車両少ししか見たことないですね・・・
かつて名を馳せた「なかお・ゆたか」氏の機関区セクションみたいな所でゆっくり「なめるように」拝見してみたいものです。
2006/05/09(火) 10:58:56 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
褒めすぎです(^^;)
どもども、これはちょっと褒められすぎですよ(^^;)
モジュール台枠は、本業の関係上、こちらにお鉢が回ってきたのが最初で、それ以来頼まれてやるようになっただけですよ~本人は当初、あまり興味がなかったんです(^^;)
でも気が付いたら、今年でホントに完全制覇してましたね~ちとビックリでしたよ(☆。☆)←楓ちゃんに指摘されるまで、全く気付いてませんでした…
DCCも、今までの運転方法では対処できないような物を作ってしまい、必要に迫られて始めました!その後結局、サウンドに魅せられてしまい、気が付いたら深みに…(-_-;;;
でも、あの操作性&サウンドは、今までの模型感を完全に変えてしまいました~これで価格がもう少し下がれば、言う事無しなんですが…

例のミッション、ただ今遂行中~仕掛けは済みましたので、数日後の結果待ちです(^o^)>
2006/05/09(火) 12:56:57 | URL | かちかちっち #-[ 編集]
中尾豊氏の機関区セクション
大阪のマッハ模型に展示してあるのを見た事があります。(阪神大震災で自宅が倒壊した際にマッハに展示された。いまもあるのかなぁ)素晴らしいものです。大きいレイアウトは、難しそうですが、機関区セクション位なら作りたいですよね。
でも、それに乗せる車両を作らないと・・・。
俳優あっての舞台ですから。
2006/05/09(火) 18:50:39 | URL | MCB2X #-[ 編集]
Re:かちかちっちさん・mcb2Xさん
サウンド、特に蒸機にはとても魅力です。
かつては天賞堂のTC-1サウンドシステムがあこがれでしたが、とても敷居の高いもしろものでした。しかし、それもデジタルによってかなり導入しやすくなりました。 昨今のアナ・デジ両用タイプではますますですね!

なかおさんのセクションは、今でも「マッハさん」あるのかな?楓ちゃんも一度は生で拝見したいものです。何年か前、かちかちっちさんが行った時はありましたでしょうか?

ところで、楓ちゃんが鉄道模型に最初にハマったS40年代、なかお・ゆたかさんといえばもう完全に「鉄道模型界のカリスマ」的存在といった感じでしたよね!
思い出すと、あの頃のTMSに発表された数々のレイアウト、雲龍寺鉄道(荒崎良徳氏)・千曲鉄道(平野和幸氏)・城新鉄道(阿部敏之氏)などは、今でも色あせることのない名作だったと思います。

そして、中村狂介氏の「三津根鉄道」。
定尺で表現されたHOスケールの小型レイアウトで、楓ちゃんも「これなら作れるかも!?」と初めてレイアウト制作に取り組む気にさせていただいた「恩人」のひとつです。
で、そのエッセンスは、西口線にもHeidi-Bahnにも脈々と受け継がれておりますです!
2006/05/09(火) 21:50:36 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
記憶無し…(-_-;)
2,3年前にマッハ模型に行っていますが、ちと記憶がございません…結構じっくりと店内を物色してきたのですが、展示品はあまり見てませんでした…(-_-;)
次に行った時(いつになるやら…)には、しっかりと見て来たいですね!
2006/05/09(火) 21:52:55 | URL | かちかちっち #-[ 編集]
楓ちゃんも、
今度はいつ関西方面に行くことができますやら・・・(「飛び道具」使用で山口線へ行くことはありえますけどね~(^_^;;;)
2006/05/09(火) 21:59:54 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。