~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
伝説化する「只見冬物語」~2004年冬~
IMG_0001.jpg

都内ではもう桜が満開になっている所もあるらしいのですが、
北国楓村では、今日も風雪模様になっていて
まったく「春は名のみの風の寒さ」なんです・・・

そんな訳なので、
今日は、あの「たった一度きりの復活」だった
2004年2月、冬只見をゆく蒸機の姿をお送りしてみます。

IMG_0003.jpg

この時は、積雪で只見の転車台が使えず
DL後補機付きの片道運転。
また、ギリギリまで12系客車使用という話だったため
撮影に訪れなかった方も多かったようでしたが、

行ってみればしっかり旧形客車で、
時には列車自体が見えなくなるほどの豪雪の中
感動的な冬煙をあげて奮闘するC11325。

IMG_0004.jpg

冬磐西とも釧路とも全然違った
奥会津の冬景色を駆ける、その姿に
「現役時代」を感じてそれは興奮したものでした !

IMG_0005.jpg

そういえば、この後ろに写っていた
西会津駅の年代物の跨線橋も今はなし・・・

IMG_0006.jpg

今やこれも「伝説」となってしまいそうな、
感動的で幻想の冬蒸機だったのです。

*只見線会津板下~塔寺'04,2,4 EOS 3 EF70~200mm RVPF*
*只見線会津横田~会津大塩'04,2,4 EOS 3 EF28~70mm RVPF*
*只見線会津宮下~早戸'04,2,5 EOS 3 EF70~200mm RVPF*
*只見線西若松'04,2,5 EOS 3 EF28~70mm RVPF*
*会津若松区'04,2,5 EOS 3 EF28~70mm RVPF*
IMG_0007.jpg

*会津若松区'04,2,5 EOS 3 EF70~200mm RVPF*

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
「只見冬物語」いいですねー。
木々の枝の先まで雪を被るほどの見事な新雪。
C11君が生き生きとして見えます。
特に転車台のカットは素敵ですね。
走行のみならず、こんなシーンにも目を向ける楓さんの感性に脱帽です。
広島は一週間前にサクラが開花しましたが、
このところの寒の戻りで、蕾を閉じてしまいました。
この寒波が過ぎたら、今度こそ本当の春の到来でしょうね。
2010/03/25(木) 20:51:20 | URL | アンギュロン #-[ 編集]
Re:若松区は、
区のご好意により、安全に構内で撮影できる今ではとても貴重な場所となってしまいました。我々もそれに答えられるよう、心して撮影にのぞみたいものですね。
2010/03/26(金) 07:51:26 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック