~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
「懐かしの生録」(その3)


もしかしたら、ご好評なのかもしれない「懐かしの生録」シリーズ。
一応、今回の締めとして選んでみたのがこれ。

この時の旅の最後、
追分に行った私とは別に登別へ向かった友人が録った
C57牽引229列車の発車シーン。
個人的には「SL現役時代」をしめくくった「別れの音」なのです。

時折聞こえてくるシャッター音は、
当時、私も愛機として使っていた「アサペンSPF」のもの。

巻き上げ音が、なんともいえず郷愁をそそります !?

*室蘭本線登別'75,8 NATIONAL MAC GT RQ540*
この「懐かしの生録」シリーズは、
また日を改めてご紹介させていただくつもりですm(_ _)m

テーマ:生録 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
素晴らしいですね!!
音の記録ってとても貴重ですよね。とても良いものを聴かせて頂きました(^^)
旧客の音、ベルの音はSL現役時代を知らない私にもつぼにハマる事うけあい!

私も昔、蒲原鉄道の加茂~村松間をテープに録音した筈なのですが・・・実家の何処かにあればイイのですが。。
しかし、何もかも過去が良いと思ってしまう今日この頃。困ったものですね…
2010/04/03(土) 19:46:14 | URL | 大兄貴 #ncVW9ZjY[ 編集]
Re:楓ちゃんは、
何を隠そう「ラジオ屋」「レコード屋」の倅なので、本来は音に関してもとても興味がありました。カメラマンの前に本当はミキサーとか録音技師にあこがれておりました(汗)

風景もそうですが、世の中の音もつくづく変わったなぁ~と思う今日この頃です。

戦前の鉄道風景音もぜひ、聴いてみたいものですよね !
2010/04/03(土) 21:10:21 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック