~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「魅惑の東北ローカル線」本 ~いよいよ今週末発売です!!!~
01ローカル線北南表紙
(クリックすると拡大されます)

いよいよ今週末の30日、
「魅惑の東北ローカル線 乗車&撮影ガイド」
北東北編と南東北編の2分冊で発売になります。

02南グラビアa
(クリックすると拡大されます)

冒頭では「フォト紀行」と題して
北東北編は、絶景海路線であるJR五能線の姿を、

そして南東北編では、
今を生きる蒸機が走るJR磐越西線&JR只見線をグラビアでpickup !

03ローカル本文a
(クリックすると拡大されます)

本編は、東北の魅力的なローカル線を
「乗車ガイド」と「撮影地ガイド」の2本立てで紹介しています。

04ローカル本文b
(クリックすると拡大されます)

撮影&執筆は各路線の魅力を知りつくしている地元の鉄道写真家達。
地元ファンならでは情報と激V写真が満載です。

05北遺産
(クリックすると拡大されます)

あわせて「駅弁ガイド」や「鉄道保存施設」、「名駅舎紹介」など周辺情報も満載。レールファンはもちろん、ローカル線の旅を楽しみたい方々にも役に立つ一冊となりました。
(目次は、こちらから見られます)

B5版 並製本 
「北東北編~18路線」148ページ
「南東北編~16路線」144ページ 
定価 各1575円(本体1500円+税)
発売日 2010年4月30日
発行元 東奥日報社、秋田魁新報社、岩手日報社、河北新報出版センター、福島民報社、山形新聞社(東北6新聞社の共同出版)

早い所では、GW前にも東北地区の各書店・各新聞社の本社、支局、取次店等で発売になりますし、

遠方の方は、各新聞社のHPから取り寄せができます♪
(4/25日現在、下記2社で予約受付中です)

河北仙販SHOP (←名前をクリック)
秋田魁新報社 (←名前をクリック)

(4/27日、岩手日報社より社告がでました。)

岩手日報社社告 (←名前をクリック)

(4/28日、以下の2社からも注文できるようになりました♪

河北新報出版センター (←名前をクリック)
東奥日報社 (←名前をクリック)

(4/30日、以下の新聞社からも注文できます。)

福島民報社 (←名前をクリック)

(5/3日、以下のサイトでも紹介されております。)

桜の横町~おぎさくブログ~
風音土香
青森県図書教育用品株式会社
株式会社「文長」

(5/9日、山形新聞社でも紹介が出てました。)

山形新聞社 (←名前をクリック)

(5/10日)

東京地区の方に朗報です !
書泉グランデさんで、取り扱いが始まりました♪


(5/11日)

カメラの殿堂(!?)荻窪カメラのさくらやさんの店頭等でも
取り扱いが始まりました !


(5/13日、岩手日報社でも通販の取り扱いを始めました。)

岩手日報社 (←名前をクリック)

楓ちゃんが心血をそそいで制作にかかわった渾身の一冊(!?)
ぜひぜひ、手に取ってみていただきたいと思いますm(_ _)m
06巻末スペシャル
(クリックすると拡大されます)

ちなみに楓ちゃん的に、この本の「一押し」なのが、
各巻の「巻末スペシャル」

北東北編では、
今や東北地区がらみの運転だけになってしまった
寝台特急列車「ブルートレイン」の魅力を、
「みちのく新人鉄子いづみちゃんのあけぼの乗車ルポ」
各地の撮り鉄のみなさんの激Vショットで紹介。

南東北編では、
「DDの帝王」宮城県在住のナオ氏が、
「我が郷土をつらぬく貨物列車の魅力」
彼の膨大な超激Vカットを通じて熱く語ってくれています♪

もちろん、東北最後の本線走行となった
「深夜の北上線DD51重連貨物、月明かりの惜別シーン」

見逃せません !

そんな、ローカル線ガイドの範疇をも越えて
東北の鉄路の神髄を網羅しようとした「この本」

2冊買っても、3.000円+税ってのは

と~っても、お買い得ぅだと思いますですよ (^o^A;;;

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でございます
初めてコメントいたします。
Oteneと申します。
今回縁があって、一部参加させていただいたこともあり、私もこの本の出版をとても楽しみにしている一人です。
早く手にとって、皆様の素晴らしい写真を通じて、鉄道に対する思いを感じることができれば・・・と首を長くして待ってます。
調整から制作まで1年余り、本当にお疲れ様でした。
2010/04/25(日) 18:53:22 | URL | Otene #HfMzn2gY[ 編集]
Re:コメントありがとうございます。
Oteneさま(たぶん秋田と岩手をまたぐ山越え区間を担当された方と思います)
この度は、取材・執筆等多大なるご協力をいただき、また、無理なお願いもしたように思います。本当にありがとうございましたm(_ _)m

制作元締めのH氏によりますと版元さんの評判も上々、ゆえに東北地方の6新聞社による、あまり前例のない共同出版という形にもなり、そのせいもあって当初の予定よりだいぶ発行が遅れたりして執筆者の皆様にも相当やきもきさせてしまったかと思います・・・

それでも、こうして東北の鉄道を愛する皆が結集してひとつの形を作り上げられたことこそが、個人的には「とても意義のあること」だと、感じております。

もう何日かで、本が手元へ届くかと思いますが、これをきっかけとしてまた新たな展開が始まるきっかけとなったなら、この1年、苦労したことも少しは報われていくかなとも感じています。

改めてお世話になりました。
2010/04/25(日) 19:39:30 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/25(日) 21:44:09 | | #[ 編集]
注文しちゃいました♪
『楓ちゃんが心血をそそいで制作にかかわった渾身の一冊』
そんなフレーズに誘われて、早速注文しました。
いつ着くかなー???
楽しみに待ってますよー!!
2010/04/27(火) 00:34:53 | URL | 軽穂@ogisaku #-[ 編集]
Re:さっそくのご注文ありがとうございますm(_ _)m
軽穂さんとご一緒した時の写真も、たくさん載ってます。ぜひ、楽しみにしてお待ち下さいね♪
2010/04/27(火) 08:26:12 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。