~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「懐かしき道端」


21日は二十四節季のひとつ「小満」。
「陽気で草花が生い茂り、天地に満ちあふれた頃」とされ、一年で一番快適で過ごしやすい季節とされています。
その言葉どおり、昨日はすばらしい天気の一日でしたね。

楓ちゃんも一日、外で仕事。
で、その帰り道に「北上高地」の山あいで見かけたのがこれです。

山村の前庭に咲く「菜の花」の畑と、
私が崇拝する「木村伊兵衛」氏の写真を思い出させる(田舎の絵でなんですが・・・)子供達の今時めずらしい「チャンバラごっこ」。

その「道端の光景」は、とても「現代の姿」とは思われず、私は「時間をわすれて」しばらくそこにたたずんでいてしまいました。

*一関にて'06,5,21 EOS-10D Tamron28~75mm*

テーマ:癒される写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。