~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
「ぼくの夏休み」~思いだすこと~
D51146 74,8

毎日、暑いですねぇ~
外で仕事しても、家で仕事してても「暑い、暑い !」
楓村としては、2007年以来の猛暑。
7月からの真夏日続きは私の記憶にはありません w(*o*)w

ところで、昔々少年だった頃は8月のこの時期が
楓ちゃんにとって
はるか遠くへ旅立てる、唯一貴重な機会でした。
(大抵の人は、そうだったのかな ?)

「生まれて初めて旅をした」という'63年、夏の東京→横浜行。

サンダーバード2号のプラモを抱えて汽車に乗った
幼稚園の頃の、雫石→田沢湖への旅。

本線、田沢湖線、山田線、釜石線と乗り継いで
ホントの乗り鉄を体感した、小一の雫石→盛岡→宮古→楓村行。

SL無き後、傷心の気持ちで旅をした高校一年、
秋田・青森私鉄めぐりの旅。

将来の夢を決めて一人、東京→横浜→大井川(鐵道)へと旅立った
高二の夏「写真への旅」etc.etc

なかでも、やっぱり想い出深いのは
中二、中三と最後の現役SLたちに逢いに行った
夏の「北海道」行・・・


D5159 75,8

ホームまで聞こえてくる
「ラッセーラー」のかけ声と、「金魚ネブタ」に送られて
連絡船へと急いだことが今でも忘れられません !

山口線C571 82

「夏の旅」といえば、
初めて「やまぐち」へ行ってみたのもこの季節・・・

長門峡でみた、C57+C58重連の勇壮な姿 !
猛暑の鷲原トンネルへと駆け上がってきた
C571の意外なたくましさ。
炎天下の中、宮野の駅からひたすら歩いてたどりついた
大山路の風景など、やはり想い出はつきないのです。

05hiroshima-c82_03.jpg

そんな、「旅する夏」の記憶ともうひとつ

私にとって忘れることができないのが、
この時期の「父の姿」・・・

毎年、8月6日が近づく頃になると、幼い時から
いつも聞かされてしまった「兵役」での体験話

あのヒロシマでの「夏の出来事」のこと・・・

IMG_6606-2o.jpg

今年も、また「そんな季節」がやってきてしまったのですねぇ~

*幌内線三笠'74,8 Asahi Pentax SP-F SMC Takumar 50mm ネオパンSS*
*室蘭本線追分~三川'75,8 Asahi Pentax SP-F SMC Takumar 200mm ネオパンSS*
*山口線篠目~長門峡'82,3 Canon F-1 FD200mm Try-X*
*広島にて'82,3 Canon AE-1 FD35mm Try-X*
*楓村にて'09,8,14 EOS 5D Mark2 EF24~105mm*
ヒロシマの悲劇から早、65年。

私が国鉄現役蒸機を訪ねた
最後の北海道行からも35年の月日が経ってしまいましたが、

ちょうど'75年夏のその頃、静岡で行われていたのがこれ↓ !!!



私も行きたくて行きたくてしかたなかったのですが、
当時の楓ちゃんの年齢では「朝を迎えられなかった」ことと
「蒸気機関車」の方に心が行っていたことで、あえなく断念 (>_<)



そんなこんなの「ぼくの夏休み」だったのです m(__)m

テーマ:夏の旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック