~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
「2010年古都への旅」~20年ぶりの梅小路詣で~
03IMG_1231-2o.jpg

*「2010年古都への旅」シリーズ、その2

11月17日(水)午前、
京都で寝台特急「日本海」を下車した私がまず向かった先は、
なんと、約20年ぶりの訪問となった「梅小路蒸気機関車館」!

自身、初めての対面となったネルソン1080号機をかわきりに、

02_9633C622.jpg

まずは、9633C622号機を見て

04C1164D52468C59164.jpg
05D50140C5343C51239.jpg

C1164D52468C59164D50140C5343C51239 や、

09IMG_1370o_20101121160019.jpg

お召し装備を施されたC581等、庫にいるSLたちを見学。

06検修庫

山口線へ出張中のC571以外の動態保存機
B2010D51200C561608630 は、
検修庫の方で整備を受けている様子でした。

07C551D511C621_20101121160019.jpg

さらに、露天に展示していたC551D511C621を愛でつつ

01IMG_1321-2o.jpg

11時から運転を始めた動態保存機C612号機「スチーム号」を見、
来春から復活し活躍を始めるであろう「C6120」の姿を想像して
かってに一人、ワクワクしてしまった楓ちゃん♪

08IMG_1266-2o_20101121160019.jpg

開業当初からみればかなり様変わりしているようにも思えた
蒸気機関車館ではありましたが、

公園の片隅や博物館の中の狭い空間などに
展示されているような他の保存機たちに比べれば、

伝統ある扇形庫の元に集っているお姿には、
「ありがたさ」を感ぜずにはいられませんでした m(_ _)m

*梅小路蒸気機関車館にて'10,11,17 EOS 5D Mark2 EF24~105mm Tamron70~300mm*
IMG_1351-2o_20101121160645.jpg

10IMG_1309-2o.jpg

12IMG_1367-2o_20101121160018.jpg

上から順に、C5343・C551・C622の角度。

*梅小路蒸気機関車館にて'10,11,17 EOS 5D Mark2 EF24~105mm*


追記
C61 2の動画です↓



*SLスチーム号'10,11,17 EOS 5D Mark2 Tamron70~300mm*

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
楓ちゃんさんこんにちは。
梅小路は私も大阪に住んでいた頃から何度も通っていました。
近代蒸機が一同に会する様は何度見ても飽きませんねぇ。
ただ惜しむらくは、最近連結器前に注意札置かれてしまってることですね。
2010/11/22(月) 01:27:04 | URL | 盛モリ #-[ 編集]
Re:京都、梅小路印象
まずは、京都駅および駅前がガラっと変容していたのにビックリ ! 私的には、まるで京都らしくなく、どこか「TYO」の真似っぽくて・・・駅前には◯◯バシカメラはあるし !?
梅小路は、となりに綺麗な公園が出来ていて、懐かしい旧二条駅舎を通って庫へ行けば、実はあまり煤の匂いがしなかった。
検修庫が出来て手狭になったのはわかるけど、露天で保管しているSLがちょっと廃車群の様に見えてしまったのが残念でした。

それにしても、もし「蒸気機関車館が小山に出来ていたら」今の復活蒸機の様相はどうだったのでしょうか ?
2010/11/22(月) 08:22:17 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
せめて小山に
本当にせめて小山にって感じです。ほとんど北海道か東北で活躍していた蒸機なのですから。あんな状態で置くなら、返してくれって感じです。
2010/11/26(金) 14:55:20 | URL | 秋ヒロ #-[ 編集]
貴重なC59を解体してしまったあの会社には期待できないですねぇ
2010/11/26(金) 23:31:29 | URL | 盛モリ #-[ 編集]
Re:まあ、
今日は、またまた十何年ぶりに門デフ+正調形式無しプレートのC58363を見に秩父まで遠征してきましたが、考えれば「蒸気機関車館」が梅小路であったおかげで、C58363・D51498・C57180・C6120、そしてC1266やC11325すらも復活したという側面もある訳で、功罪は相半ばというところでしょうか。
2010/11/27(土) 21:22:23 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック