~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
ひさしぶりのユーロ本
IMG_1499_1.jpg

最近、楓ちゃんの仲の良い「おともだち」の一人が、とうとう「スイスメーターもの(?)」にハマってしまいました(^_^A;;;
楓ちゃんもしばらくはこの手の書物を購入していなかったのですが、逆に彼に影響されてひさしぶりに何冊かの「ユーロ系鉄本」をAmazonさんで買ってしまいましたのでそのご報告です!?

1冊目は、
「スイスの鉄道」長 真弓著 JTBキャンブックス 2003年刊

この著者は、古くからのスイス通で私も何冊かの著作を所持していますが、この本は21世紀に入っていろいろ様変わりをし始めたスイス全土の鉄道を余すことなく紹介している前例のない内容のものです。美しい写真と共に最新情報の旅行案内、技術書としても信頼がおけるものになっている、とても良い本ですね。

でっ、今回楓ちゃんがもっともお奨めしたいのは、
「スイス鉄道ものがたり」宮脇俊三・文、黒岩保美・絵 福音館書店発行 1995年刊
です。

これは「たくさんのふしぎ傑作集」という子供むけの絵本なのですが、あの「鉄道紀行書の第一人者」だった宮脇さんの文と、このブログの中でもたびたびご紹介している「すぐれた鉄道画家」でもあった黒岩さんのさし絵とのコラボレーションという、凄い本なのです。

ストーリーは「夏休みに子供たちがスイス通のおじいさんにつれられて、スイス全土の鉄道をめぐる。」といった絵本らしい内容なのですが、その「画力の精緻さ」と「軽妙で正確な文章」で、大の大人が見ても「これぞスイス鉄道の入門書である。」と思ってしまうと私は自信を持って言いきっておきます!

ちなみにこのシリーズには、同じ作者の競作で、
「御殿場線ものがたり」「青函連絡船ものがたり」「シベリア鉄道ものがたり」といったものもあるようです。
こちらも近いうちにぜひ、ひもといてみたいと思います。

最後はDVDなのですが、
「関口知宏が行く、ドイツ鉄道の旅」NHKエンタープライズ発行 BMG JAPAN発売 2006年刊

これは、NHK-BSで放送された「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破」で人気を集めた俳優・関口知宏を旅人に迎え、さまざまな路線をたどりながら、彼が初めて訪れるドイツでの人々との出会い、そして発見の旅をまとめた映像です。

昨年、一部だけ視聴することができ、いずれ全編を通して見てみたいと思っていたもので、今回ようやく手に入れることができました。

日本の鉄道と違って「世界の鉄道事情」は、なかなか資料・情報が入りにくく、とっつきにくいのが現状ですが「大海を見ずして己を語るなかれ!」。どうか皆さんも「国粋主義」に陥ることなく、広く鉄道そのものの見聞を広めてほしいと、楓ちゃんは願っております。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
鉄道絵本
鉄道絵本は国外・国内問わず良いですね♪実は本官、隠れ収集家であったりします。
書店の絵本コーナをうろつく、怪しい中年X星人です~☆「ビュンビュンきしゃをぬく」や「かもつれっしゃのワムくん」・「ぼくらのマッチ箱電車」なんかもええですよ!!
2006/07/16(日) 21:22:51 | URL | 統制官 #-[ 編集]
「ビュンビュンきしゃをぬく」!?
一瞬タイトルだけ見て、某懐浪漫人@教祖さまを思いだしたのは「私だけ~w(*o*)w」(爆)まさか追っかけ鉄の絵本なんて「そんな教育上いけない絵本」なわけないですよね~・・・
統制官さまの隠れ「絵本ずき」はよく存じあげておりました。たしか、盛岡駅に行くお話の本を見せていただいたことがありましたね! 楓ちゃん的には、江戸時代の「大人の絵本」をお借りしたことが一番印象深いのですよ(汗)
2006/07/16(日) 21:58:25 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
スイス
いいですよぉ。
9月に行きますが、一緒に行きません?、とか。
もっともジュネーブなので、楓ちゃんのお好みのマイエンフェルトに行くには、スイス縦断しないといけませんが^^;
2006/07/17(月) 00:00:58 | URL | MCB2X #-[ 編集]
スイス、いいですかぁ~♪
じゃ、いっちょ~行きますか!、なんてねっ~~;
今回も「学会」かなにかですか? 一年に2回も行けるなんて、仕事とはいえうらやましいです・・・
楓ちゃんの予定としては15年以内に(身体が動くうちに(?))行きますので、今からじっくり行程を考えていきましょう~ねっ。(フランクフルトとニュールンベルク、イエンバッハも寄りたいです。ほんとは「ハルツ」にも行きたいんだけど~)
2006/07/17(月) 07:46:09 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
ことしはたまたまです。
ことしはたまたまです。狙ったのですが。
いつもこんな調子にはなりません。
だいたい、ついでに鉄なので、充分な時間がとれず、いつも不完全燃焼です。今回も1日とれるかなぁ。
いつか、ご一緒出来る日をたのしみにしております。
2006/07/17(月) 22:56:36 | URL | MCB2X #-[ 編集]
はい!
「いつか死ぬ前に必ず行ってやる~!」
ので、ぜひその時は御指南のほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m

そうそう「01」の姿も絶対~拝まなければ・・・
2006/07/17(月) 23:14:23 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
ぜひ訪独も
お久しぶりです。
6月にワールドカップ観戦のため訪独し(ニュルンベルク~ライン・ルール地方&ハノーヴァー)わずかの時間ですがニュルンベルク交博で各種の美しい機関車群(中でもお目当ては優美な流線型BR05)を見学してきました。実物を見るのは良い体験になりました。また、全焼した扇形機関庫の場所には近づけませんでしたが、遠くからでも惨劇の様子はうかがえました。
ICE3の運転席直後から前方も見ることができましたし、ドイツは鉄道の魅力いっぱいです。ぜひスイスのついでにご体験を!
2006/07/30(日) 11:10:57 | URL | Nordlys #pycSbpJc[ 編集]
うらやましいことです。
もちろん「ドイッチュランド」にも行ってみたいです! 「関口知宏が行く、ドイツ鉄道の旅」も視聴しましたが、8日間でとても良い行程で巡っていましたね、参考になりました。あらためて、やっぱり「ハルツ狭軌鉄道」にも行きたくなりました・・・
2006/07/30(日) 15:53:44 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック