~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
「東北の限りなく熱い夏 2011」
01IMG_3866-2o.jpg

7月中としては考えられない猛暑日一歩手前(34.8℃)だった
昨日の楓村。

02IMG_9035o.jpg

我が母校は、残念ながら優勝候補の一角に敗れ去りましたが、
被災地の釜石高校は昨年の甲子園出場校を破る大金星 !

03IMG_9189-2o.jpg

16日に見たときも
格下の相手に決して気を緩める事なく
明るい笑顔でチームがひとつになり、
全力で挑んでる姿が印象的でした。

04IMG_0240o.jpg

一方、被災地宮古からかつぱ村(由利本荘)へ場所を移して
ひと月遅れで行われていたインターハイの予選でもある
セーリング(ヨット)の東北選手権大会でも、

IMG_9552o.jpg

宮古高校・宮古商業ワンツーフィニッシュ
インターハイ出場決定~♪

沿岸の若人たちは、感動的な力とチームワークで
その多くがいまだ勝利に挑み続けています。

06IMG_0087-2o.jpg

「決して諦めない気持ち」

世界一の奇跡を成し遂げた「なでしこジャパン」にも負けず、
東北のスポーツシーンも今、めちゃくちゃ熱い !!!

*楓村(花巻)球場にて'11,7,18 EOS 5D Mark2 EF24~105mm*
*雫石球場にて'11,7,16 EOS 7D Tamron70~300mm*
*雫石球場にて'11,7,16 EOS 7D Tamron70~300mm*
*かつぱ村(本荘)マリーナ沖にて'11,7,17 EOS 7D Tamron70~300mm*
*かつぱ村(本荘)マリーナ沖にて'11,7,17 EOS 7D Tamron70~300mm*
*かつぱ村(本荘)マリーナ沖にて'11,7,17 EOS 7D Tamron70~300mm*
(岩手「スタンダード」ほかでの取材より)
07IMG_0422-2bo.jpg

本当に「魂が震える夏」です (ToT)/

IMG_3888-2o.jpg

およそ30年の歳月をへて「母校の名誉」のために
再び、ひるがえった同級生幹部の応援旗 。

*かつぱ村(本荘)マリーナ沖にて'11,7,17 EOS 7D Tamron70~300mm*
*楓村(花巻)球場にて'11,7,18 EOS 5D Mark2 EF24~105mm*




大滝詠一 (彼も生粋の東北人、です)

テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック