~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしい鉄道の本
IMG_5967.jpg

先日のブログでは、お気に入りの写真集と共に鉄道趣味の大先輩の方々を何名かご紹介しましたが、前回あげられなかった大御所の方の本をまた2冊ほど載せてみたいと思います。

まずは、本島三良さんの
「世界の機関車」秋田書店発行 1969年刊

本島氏も言わずとしれた戦前からの鉄道研究家。「汽車」「汽車半世紀」等の本格的なすばらしい著書ももちろん出していますが、このような子供向けの解説書も出されております。

この本、楓ちゃん的には絵本以外で初めて手にした鉄道書。たしか小学3年の頃だったと思いますが、今と違って情報も少ない当時、日本はもちろん、世界の鉄道の歴史や現状、機関車の構造、数々のエピソードなどがふんだんに盛り込まれていて、大人になった今読み返しても十分に読み応えがあります。私はこの本で最初に鉄道の知識を得たといっても過言ではありませんが、後にこんな凄い方が書いていた本と知り感動した次第でした。

続いてもう一冊は、鷹司平通さんの
「鉄道物語」サンケイ新聞出版局発行 1964年刊

鷹司氏は元公爵で奥様が昭和天皇の皇女という高貴な家柄の方ですが、子供の頃から大の鉄道好きとして知られ、鉄道友の会の理事や交通博物館の調査役等で活躍されました。

実は楓ちゃん、この方のことは雑誌や他の方の著書の中でしか知らなかったのですがそれでもとても興味を持っておりました。昨年、偶然にこの本を手に入れることができ、一般向け新書の教養書にもかかわらず、実にコンパクトにわかりやすく陸蒸気から新幹線開通までの日本の鉄道を解説しているのを拝見して大変感銘をうけました。

先にあげた方々もそうですが、我々はこのようなすばらしい先人達を持っていることを誇りに思いたいものです。

まだ何人かご紹介したい方もおりますが、それはまたいずれ・・・

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
またまた素晴らしいお宝を!!
お持ちですね。本島三良氏は、昭和初期からの機関車の貴重な写真を雑誌で見かけるときがありますね。
鉄道趣味は、戦前で言えば社会的には恵まれた方でないと出来ない趣味だったようですね。それが理由ではないでしょうが、オールド・ファンの諸先輩達の書いた本は大変読みやすく、またレポートなどは大変面白く、ファンでなくとも楽しめますよね。高松吉太郎・古山善之助・弓削進氏の文章は何回読んでも飽きません。
最近は、若い鉄道ファン自体が減っている、模型では製作する人が減っている等々、先が心配な状況です。確かに今の鉄道は私も全く興味ないですが・・・
2006/01/19(木) 20:41:12 | URL | 大兄貴 #-[ 編集]
風邪、大丈夫ですか?
たしかに楓ちゃんも最近の鉄道情勢にはワクワクするものがありませんね・・・(>_<)
「現役時代の蒸機」に夢中になった人たちの間ではよく「S50年末以降は余生」いう話が出てきます。私もそうかもしれません。かなり早すぎますね・・・
「今、思い描いているものは、すべて夢幻の世界なり」なのかな。
2006/01/20(金) 00:56:21 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。