~楓ちゃんのあんなことこんなこと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「蒸気機関車たち」
IMG_5497-2.jpg

~蘇る現役蒸気機関車の本当の魅力!
時代を超えて語り継がれる日本の蒸気機関車写真の最高峰写真集!~
と銘打った、広田尚敬写真集
「蒸気機関車たち」
(2006,8 ネコ・パプリッシング発行)が
とうとう楓ちゃんの元にもやってきました!

IMG_5518.jpg

思えば34年前、始めて保育社の「蒸気機関車」で彼を知り、その後、山渓の「蒸気機関車の旅」、あかね書房の「魅惑の蒸気機関車」、朝日新聞の「四季のSL」で完全に蒸機写真の魅力にハマり、汽車の写真を撮り始めてから現役蒸機終焉までの短い年月、本物の蒸機の姿と共に「彼の作品の中」に同時代のリアリティーを感じていたように思います。

そういう意味では、今この時代に新たに復活した広田氏の蒸機写真群を見ていると、
もう一度あの時代がよみがえってきたような、
そんな錯覚におちいってしまいます。

「出来ればやはり、
もう一度あの頃にもどりたい!(ToT)/」

今年、楓ちゃん的にあの時代を彩ってくれたもう一人の主役「吉田拓郎」が「かぐや姫」と共に、ひさしぶりにあの「つま恋」に帰ってきます!
31年前(つまりは現役蒸機終焉の年)だった、伝説の「つま恋コンサート」の日、楓ちゃんは北海道で最後の現役SLたちに会っていました。なんと、よみがえった今年の「つま恋 2006」の日も、山口線でC57 1の前に・・・
偶然とはいえ、この写真集と共に何か「運命」を感じてます(ToT)/

テーマ:写真集 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
子どもの頃、私も保育社の「蒸気機関車」や山渓の「蒸気機関車の旅」などを限られたお小遣いの中で買って何度も何度も読み返して大切にしていました。なので、ほとんどのページを憶えてしまってます。保育社の「蒸気機関車」の4ページ「若草の海の中を走り抜けるC62」が好きです!
2006/09/11(月) 23:16:13 | URL | 倶知安 #-[ 編集]
見開き両面に、
「どアップ」で、乗ってますよ!
驚いたのがその写真、なんと4×5インチ組み立て暗箱のカメラで目測(ファインダー等を見ないで)流し撮りしたんだそうですw(*o*)w

後、画面にちらっと写っている「鉄道ジャーナル」の「フォトドキュメント終曲」には、何度も泣かされましたね!
こちらも写真集のラストに再構成されて載っています。
2006/09/11(月) 23:31:51 | URL | 楓ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。